スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産投資 区分所有を考える

皆様の清きワンクリックがブログを書く励みになっています。
ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ
にほんブログ村

だいぶ朝起きるのが辛くなって来ました。
布団が暖かくてなかなか出ることができません。

もともと不動産投資に興味を持ったのは
それ以外の投資が散々な結果しか生まないからです。

一棟か区分所有か。
これは不動産投資をするにあたってはかなり重要なテーマになるのでは
ないでしょうか。

私も当初は一棟に手を出そうとしていました。
(そもそも私の年収で融資が降りたかどうかは甚だ疑問ですが・・・)

世の中に出回っている不動産投資の
成功ノウハウ本を読むとそのほとんどが一棟買いを繰り返すことで
年収ン億円を稼ぎ出しているからです。
(まぁその浦にはン億円の負債、借金を抱え込んでいるのでしょうが・・・)

私のノミのような心臓ではそこまでの借金のプレッシャーに
耐えられるかどうかもわかりませんし、そもそも
家内の了解を得ることができませんでした。

しかし、日本財託のセミナー、書籍で
区分所有に決めようと思ったのは

区分所有のメリット

①価格が手頃 → 今後も人口がそれほど減少しない都内に買うことができる
当然、初期費用が抑えられるので私のようなサラリーマンでも購入可能。

②やはり頑丈 → 木造アパートに比べたら鉄筋コンクリートは安全

③地域分散させやすい → 都内のあらゆるエリアに出回っているため、地域分散することで空室リスクを下げられる。

④出口戦略 → 売却しようとしたときに1棟よりは流動性が高い

こんなところでしょうか。
もちろんデメリットもありますよ。
1室しか所有していなければ、空室になった時
いきなり収入ゼロですから。

でも、空室リスクは
いい管理会社を選ぶことと、やはりいい立地の物件を選ぶことが鍵となります。
1棟でいい立地の物件を選ぶことは庶民の収入では無理でしょう。
購入できても埼玉県や千葉県。

では東京都下で30年後人口が増えているかというと、
それは誰にもわかりませんが、減少している可能性のほうが高い。

しかも地方都市は地主が不動産会社にそそのかされて
税金対策、節税対策で次々とアパートを建てている。

こういったリスクを
様々考えて、コツコツとワンルーム、区分所有を目指そうと思いました。
スポンサーサイト

不動産投資を考える

どうも、ご無沙汰しています。

最近すっかり暑くなって来ました。

しばらくの間ずっと、不動産投資に関する本を読み進めていました。



不動産投資と一言で言っても
ピンからキリまでありますね。

REITから投資信託、そしてサラリーマン大家。
僕が目指すのはサラリーマン大家です。

本によって言ってることは様々。
みんな成功体験しか書いていないからさも簡単に
儲けることができそうに考えているけど、
実際はそんなことあるわけない。

年利としては一般の金融商品に比べると
高く、安定はしているが、
それでも今回の震災によって
日本が地震大国であることはれっきとした事実であることは
認識された。

そういった、一種のカントリーリスクがある中で
どのように進めていくべきか試行錯誤しています。

まずは、自己資金ですが、1,000万ぐらいの
キャッシュは動かすことができるので
それを頭金として一棟買いをするか、
それとも中古の区分所有にするかで迷っています。

今後、不動産会社に何件か目星をつけて
相談に行くつもり。

将来の目標は年収3億円ですから
はじめの一歩が肝心。
でも、動かなきゃ一生サラリーマンで終わるだけだから。

リスクの中に成功はあると信じています。
スポンサーリンク
本日ポイント増量!!
バオー来訪者
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。