社労士×AI

世間では社会保険料は10年後になくなる仕事と言われている。
確かにそうかもしれない。なくなる理由はAIの発達である。
社労士 ✕ AI・・・

先週発売の雑誌「エコノミスト」でも
AIに勝つ!社労士、行政書士、司法書士と言う特集が組まれていた。

しかしAIがいくら発達するとはいえ、本当に仕事はなくなるのか?
私は考えている。

なぜならAIの使いこなせない人間が少なからず存在するからである。

会計事務所を例にとってみよう。
すでに会計業界においてはFreeeやマネーフォワードといった
AIをを取り入れたクラウド会計ソフトが先行している。

だが、会計事務所を見るとクラウドソフトは導入が進んでいるようで実は進んでいない。
会計事務所の仕事はなくなっているかというと、依然として存在している。

なぜなら、そもそも会計事務所に仕事を頼むのは自社で経理総務の雇用できない
中小零細企業が中心だからである。

誤解を恐れずに言えば、中小零細企業はそもそもAIを活用する知識レベルがない。

また世の中で騒がれているほどクラウド会計ソフトは実は進化していない。
一部の機能性ばかりが注目されていてさも便利なように感じられるが、
それは宣伝者の巧み。

実際に会計事務所が多くの要望を上げてもソフト会社の技術が追いつかず
なかなかソフトが進化していないのが現状である。

社労士業界も全く同じである。
「HRTech」と言うかっこいいキーワードが先行しているが
実際有名なSmartHRですら電子申請はほとんど対応していない。
取得と喪失くらい?3号の届け出ができないというお粗末さ。

彼らがうまいのは見せ方だけである。

だからといって、おちおちはしていられない。
商品作りも必要だと私は考える。

なぜならいずれそれならソフト会社の人に追いついてくるからである
来るべきそんな時代に目指すべき事はただ1つ。
FACE to Faceででしかできない業務に特化することである。

だから、もう私は始めている。

社会保険料 削減 節減策

こんにちは。

先月に社会保険料の削減について
導入としてノウハウ第1弾を書きましたが、
かなりの反響がありました。

社労士としてはものすごーく基本的な情報であっても
やはり経営者の中には知らずに当たり前のように
締め後から入社させて損ばかりさせている方が多いんですね。

また、先月から労働保険、社会保険の
新規適用の手続のご依頼も爆発的に増えています。

特に集中しているのが建設業のお客様。

元請先から従業員の保険証をチェックされて、
保険証がない、従業員には仕事をさせないとか、
仕事が受注できない、そんなお話を各方面からいただいています。

中には別会社を作って従業員はそちらに移して
とりあえず、自分だけ社会保険に加入・・・という
対応をとっている方もいらっしゃいますが、
いつかはそのように社会保険を免れている建設業の会社は潰れるしかないのでしょう。

まぁ、建設業だけではなく、
中小零細企業潰しに日本という国は取り掛かったと思っていますが。

今回は社会保険料削減、節減の第2弾です。

ズバリ、「退職日は月末の前日に設定せよ」です。

たったのこれだけで、社会保険料を1ヶ月分、削減することができます。
以外に、知らない経営者が何と多いことか。

2月に退職する従業員がいたら、28日に退職させるのではなく、
27日に退職してもらうのです。

3月だったら31日ではなく前日の30日です。

たったのこれだけです。

細かい説明はややこしくなるので、省略しますが、
月末の前日に退職すると当月は社会保険に加入していないことになるんですね。

列記とした合法的な社会保険料の削減方法です。

入退社が激しい会社は
これだけで年間、かなりの金額を削減出来ます。

ひとつだけ、注意点があります。
この方法は会社も1ヶ月社会保険料を削減出来ますが
被保険者、つまり従業員本人もその1ヶ月は社会保険未加入の状態となりますので、
自身で国民年金、国民健康保険料を支払う必要がでてきます。

そのことを事前に話しておかないと
あとで従業員の家に保険料の請求書が届いて「何これ?聞いてないよ!」
ってな話になることも多々ありますので、
十分ご注意ください。

ただ、即効性のある削減策なので
かなりオススメです。

では、また。


テーマ : 日記
ジャンル : 日記

社会保険料の削減策

平成24年11月より建設業許可の申請、更新の際は
社会保険(雇用保険・健康保険・厚生年金)に加入しているかどうかの
別表添付が義務づけされました。

法人は法律上、1人でも従業員がいる場合は(役員含む)
社会保険(健康保険・厚生年金)に加入する義務が生じます。

が、その事実を知らない経営者は多く、
また同時にそのコストを負担できない中小零細企業も多いのが事実。

実際、社会保険に加入した途端に、費用が継続的に増え、
経営を圧迫したという顧問先も何件も見ている。

そのような事実を知ってか
加入義務があることを知りつつも加入をためらっていた建設業に
今回、行政のメスが入ったわけです。

もともと、社会保険の管轄は厚生労働省、
建設業許可は国土交通省。

お役所お得意の縦割り行政で、従来は見逃されていた建設業許可について
厚生労働省、国土交通省相互が連携し合い、加入促進を測るというのが今回の改正。

これ、中小企業をつぶしにかかっています。
適正に社会保険料を払えない企業は潰れろってことです。

では、どうしたら良いのか?

費用の削減には経営者の方、興味を持つ方が多いですが、
社会保険料の削減については知らない人が多い。

ちょっとしたコツで、年間数万円~数十万円の削減は可能。

私が提案した企業様では数百万円削減しています。
プラス、私が提案している手法では
社会保険料だけでなく、節税効果も抜群にあります。

当然ですが、『合法』です。

それでは、挨拶代わりに。

社会保険料削減のノウハウ その1

『従業員の入社日は1日にする』


従業員を雇用するときに、いつから採用していますか?
ひょっとして給与締日の翌日ってことありませんか??

実は社会保険料は日単位ではなく、月単位で計算されます。

つまり、1月1日に入社した従業員も1月31日に入社した従業員も
同額の健康保険・厚生年金保険料がかかるんですね。

となると、会社側としては
採用する際は、同じコストを負担するのであれば
少しでも長く働いてもらったほうがいいですよね。

この単純なノウハウすら知らないで存し続けている経営者が多数いらっしゃいます。

ということで、是非来月から実践してみてください。

次回も読みたくなったと思った方は是非!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

社労士試験に絶対に合格する勉強法


これまで何度か過去のログで説明してきた
社会保険労務士試験ですが、これからこの社労士試験に
絶対に合格する方法を教えます。












・・・なーんて甘い話はありません。残念ながら。
いきなりですが、試験の合格方法に絶対的な正解はありません。
受験者が100人いれば100通りの学習方法があるでしょう。

よく書店で目にするノウハウ本では
例えば3ヶ月前から勉強して合格したといった類の
短期学習法が取りあげられていますが、はっきり言います。

あなたには無理です。

もう一度言います、

あなたには絶対無理です。



なぜなのか、その理由をおしえましょう。
ひとつ質問させてください。
あなたは天才ですか?
違いますよね。

だって天才だったら社労士なんて受けないもん。

医者になるか弁護士になるか官僚になってるでしょ?
もしくは自分で社長になってますよ。
能力がさしてないあなたが短期合格することは無理です。


予備校のパンフレットに短期で合格できるって書いてあった?
合格者の写真とコメントが載っていた??
あなたは実際にその人にあって話を聞いたんですか??

そんなくだらない撒き餌にかからないでください。

これは確率論です。
高い確率で合格する方法はあります。
それをこれから伝えていきます。

覚悟は出来ていますか?

あなたはなぜ社労士を目指すのですか?
なぜ他の資格ではなく社労士なんですか?
勉強は大変ですよ。
1年近く自分の時間を犠牲にしますよ。


その間、酒の誘いもパチンコも恋愛もダメです。

これから試験日まで自分は死んだと思って勉強に臨めますか?

だったらこれから効率的な勉強法を伝えていきます。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

テーマ : 社会保険労務士を目指す
ジャンル : 就職・お仕事

社会保険労務士 合格法



さて、前回のログに続いて社会保険労務士試験に
合格するための勉強方法を伝えていきます。

前回は敵を知り、己を知ること
つまり、社会保険労務士試験の概要と
自分の置かれた状況を分析するということを書きました。

その状況分析の方法として
まずは成功者の声に耳を傾けるということで
この本を紹介しました。
実際に書店で手に取ってみたでしょうか?

さて、今回のテーマは
敵の分析を実際にしていきたいと思います。

社会保険労務士、通称社労士は国家資格です。
年間の受験者数は平成21年の数値で67,745人。
10年前と比べても受験者数は1.5倍に増えています。
最近発表された平成20年度の合格者数は3,574人。
倍率は毎年5%~10%の間という
かなり厳しい試験です。

ここ最近になってそこそこ認知度も上がり
難関資格の一つに数えられるようになりました。

受験者の内訳をさらに見ていくと
年齢の構成は25%未満は5%未満、
25~29歳が20%
そして年齢の構成は30代が4割を占めています。

ここから何が読み取れるか?

税理士や公認会計士、弁護士は
比較的若い学生、20代前半が中心です。

合格は本気で目指す人達は
受験者の多くは大学もしくは専門学校時代から
必死に勉強しています。

対して、社会保険労務士は20代後半から30代が中心。
つまり社会人が多いということです。

ということは・・・
働きながら時間を作り出し、
勉強の時間に当て込めば十分合格できるということです。

これは私自身がそうだったので、まず間違いありません。

また、ぶっちゃけ話、
社労士の受験生に頭のいい人はそれほどいません。
いわゆる優秀な方々、一流大学の学生は
既述の弁護士や公認会計士、税理士を受験します。

こんなことは市販の本では書いてありませんよね。
つーか、普通かけません。

ってことは、努力し続けるやる気と
戦略さえ間違わなければ必ず合格できます。

その方法については
また次回。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 社会保険労務士を目指す
ジャンル : 就職・お仕事

スポンサーリンク
本日ポイント増量!!
バオー来訪者
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク