スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U.S.CPA 専門学校比較

アビタスのU.S.CPA個別カウンセリングに行ってきました。

結論から言うと、先程クレジットカード決済にて
申し込みを行いました。

今日、仕事で自分の中で気持ちの整理がついたので丁度よかったです。

1年間死ぬ気でU.S.CPAの勉強に取り組みます。
目指すは2013年の受験、そして合格。

はっきり宣言します。

2013年にU.S.CPAに合格します。
そしてキャリアアップします。



U.S.CPAの専門学校選びについて
前回のログでも書きましたが、
資料請求はTAC、佐々木先生のプロアクティブ、そして
アビタスの3社にしました。

どの予備校も特徴があったのですが、
まず、説明会に足を運ぼうと思った決め手が
アビタスのU.S.CPA資料が充実していたことです。

テキストのサンプル、
説明会を録画したDVD、
U.S.CPAの仕組みを詳細に説明したパンフレット

他社と比べても圧倒的です。完全に。

苦言を言えば、こんなに充実させなくてもいいから
受講料安くしてというのもありますが・・・
受講料についてはまた後ほど述べます。


比較すると次に内容が濃かったと思うのがTAC、そしてプロアクティブの順番です。

プロアクティブは佐々木先生の個性で売っているのかもしれません。
どんだけ有名かは正直よく知りませんが・・・。

あと、好印象だったのは
アビタスはすぐに担当者みたいな方から
メールが来たんですね。それがよかった。

話がずれましたが、
次に最も重要なのが講義内容と受講料のバランス。

U.S.CPA講座の受講料について言うと
プロアクティブ、そしてTACの順で安い。
TACの推奨コースは50万円を切っていました。

一見するとアビタスは非常に高く見える。

でもそれは数字のカラクリがあって、
プロアクティブの場合は導入費は安くしておいて
後からテキストの追加購入を促すという仕組みらしい。

そしてTACですが、TACの講座は
U.S.CPAの試験合格のみに着目し、
CertificateやLisence取得は促進していません。

なぜならそのためには
追加単位の取得が必要になり、
仮に単位を取得しようとすると優に100万円以上の受講料がかかってしまうから。

トータルコストで見ると
アビタスが圧倒的に安いです。
僕はCertificateまでを目指しているのですが、
トータルコストでは90万円を切りました。

はっきり言って、安い投資だと思っています。

おまけに教育訓練給付制度で10万円返ってくるしね。

U.S.CPAのテキストについては
実物を見たのはアビタスのものだけですが、
パンフレットを見る限り
TACはボリュームが多すぎてこれは
社会人の私にとっては消化不良になるだろうなと思いました。

ま、結局のところ
どこ選んでも合格するか否かは自分次第ですが、
できればてっとり早く合格したいもの。

ということで信頼できそうなアビタスを選びました。

今後はいろいろと書いていきます。

スポンサーサイト

テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

スポンサーリンク
本日ポイント増量!!
バオー来訪者
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。